1970商品のレトルトカレーを

日本最大の冷えたレトルトカレーまとめサイト - 新型コロナウイルス対策にも日本最大の冷えたレトルトカレーまとめサイト - 新型コロナウイルス対策にも

冷えたレトルトカレーのFAQ

ウイルスへの最も有効な処方箋はSTAY HOME…カレーを食べておうちの中で旅行をしよう

新型コロナニュース:新型コロナの1日の感染者数36万人にいくかも? - amazon楽天では抗原検査キットの在庫がございます。 2022年1月28日 18:10更新

特Sコースのご案内】2022年1月29日更新

【当社調査】楽天カードは還元率1%以上のハンパない還元があり、満足率98%!
このリンクから申し込めばもれなくプラスで1000ポイントプレゼント

新型コロナウイルス対策に良く効くカレーはこちら

ページリニューアルいたしました。旧内容はこちらより

自宅療養になったら?3つのポイント

オミクロンならでは自宅療養で必要なことを解説します。

  • 息が苦しいかどうか?
    パルスオキシメーターで確認で確認します。
    通常酸素飽和度は99%~96%ですが、症状悪化で数値が低下します。
    横になった状態ではなく、日常的な行動の直後に計測をします。
    ネイルをすると酸素飽和度が低くなりますのでつけないで計測してください。
  • 異変を感じたらすぐSOS!
    軽症であれば遠慮せずにSOSをしてください。
  • トリアージされたとき
    トリアージされて優先度が低く決められても、自分の危険度を正しく伝えることが大切です。
    例えば、のどが痛くて水すら飲めない症状がオミクロン株で発症しうる情報ですが、命に係わることもありますので、必ず伝えてください。
  • 入院を勧められたら無理に我慢せずに入院をしましょう
    入院を勧められた時点で今後症状が悪化する可能性があります。軽症時で入院を行うことでベッド数は消耗するものの、重くなるほど医療としての負担は大きくなります。

新型コロナウイルスのおおむねの感染者等の状況

当日の最終結果ではございませんので、全国の感染者数はこれ以上増えている可能性があります。

現時点では最新のニュースによる速報よりデータを入手していますので、不足している部分がございます。

詳細につきましては新型コロナウイルス 国内感染の状況 - 東洋経済オンラインをご覧下さい。(1~2日遅れたデータとなります)

入手元:フジテレビ イットFNNプライムオンライン東京新聞、他

当速報は東京都の発表直後の最速で16:50頃に発表され、最も遅い時間で18:55までに発表されます。1日複数回更新されることがあります。15:00頃から発表されますが毎日全国の感染者数の確定の時間が都道府県によってまばらであるためです。

感染者数は特に水曜日、木曜日に増加する傾向にあり、日曜日、月曜日は減少する傾向があります。これは休日に症状が現れた方がPCR検査することで検査絶対数が増え、日曜日、月曜日につきましては医療機関等が休日であるため検査絶対数が減るためです。

平日(祝日含む)は東京都の発表後の16:50頃、大阪府の発表後の17:15頃、多くの都道府県が発表後の18:20~18:40頃までに最終更新されます。休日はは17:40以降に更新されます。

病床使用率は前日の情報となります。

  • 1月29日オミクロン株に感染したら?
    現状においては東京都内だけでも単純計算で濃厚接触者が9万人いると十分仮定できます。
    従来株と比べても免疫を回避しやすいので、ワクチンを打っても発症しにくいという保証がありません(3回目のワクチンを打てばある程度回避されますが、完全ではありません)

    鼻水やのどの痛み等風邪のような痛みが出たら?

    花粉症の時期でもありますが迷わずに医療機関を受診してください。不安であればかかりつけ医に電話されたり、かかりつけ医がおられない方は、保健所に相談してみてください。東京都においては東京都福祉保健局でも相談を受けることができます。
    現状では市販のPCR検査キット等によって陽性であっても、医師の診断がないと感染症患者としてのサービスを受けることができません。
    市販のかぜ薬でコントロールすることはできますが、他の人に感染させないように、きちんと休養する必要があります。

    検査に行くときの交通手段はタクシーや公共交通機関の利用はできるだけ避けましょう。最も好ましいのは歩いて行ける地元の診療所です。
    (文脈をよくご確認ください。完全に禁止されているわけではありません)
    どうしても公共交通機関を利用する場合は、しっかりとマスクを着用して混雑する時間を避けて、空いている場所に乗車するようにしましょう。入院の目安は年齢、症状、基礎疾患の有無により点数が付与され、例えば埼玉県においては下記において加点され、6点以上で入院となります。
    ・男性 +1点 (女性よりも男性のが発症しやすい傾向があります)
    ・単身者 +1点
    ・睡眠時無呼吸 +1点
    ・65歳以上 +2点
    ・ワクチン未接種もしくは2回目未接種 +2点
    ・ぜんそく +2点
    ・高血圧 +2点
    ・糖尿病 +2点
    ・38度以上が3日もしくは37.5度以上が6日 +3点
    ・肥満 +3点
    ・妊婦 +6点
    ・人工透析されている方 +6点


    濃厚接触者の定義は現状以下のとおりとなります。
    ・感染者と同居
    ・密閉した車内で長時間接触
    ・マスクなしで1m以内で15分以上接触(会食等も含む)
    ・陽性者の体液にふれた
    ・適切な感染防護なしで患者を診察、介護等した

    既にオミクロン株の亜種は海外で100種類以上あることが確認されており、その多くがステルスオミクロン株とされています。ステルスオミクロン株は従来種のオミクロン株と比較して1.5倍感染力が高いようです。

    先日ご紹介した抗原検査キットにつきまして、現状ではamazon楽天において検査キットの在庫があることが確認されていますが、PCR検査とは異なり細胞を増殖しないため、陽性である結果は極めて高い検出をしますが、陰性である結果は低い確率であるので、不安であればPCR検査を行う必要があります。
  • 1月28日全国で80742人、東京都で17631人(病床使用率46.1%)大阪府で10013人、愛知県で5267人、北海道で2775人、長野県で586人、広島県で1193人以上、福岡県で3870人、沖縄県で1073人(米軍135人)の新規感染者がいらっしゃいます。
    オミクロン株の濃厚接触者の待期期間を7日までに短縮することを検討しています。なお、オミクロン株は3日間で53%、7日間で94.5%で発症すると言われています。
    東京都内においては家庭内感染が急増して、発熱外来の予約のとれない状況が続いており、PCR検査のキャンセル待ちの事態となっています。あわせて病床使用率が46.1%であるものの病院によってはコロナ病棟として確保されているために一般病棟が満床状態となっています。
    大阪府においてはすでに陽性で症状のある同居家族において検査を受けずともコロナ患者として治療を受けられるみなし陽性制度を導入する予定です。並びに自主的に抗原検査を行って陽性であった場合にも医師が検査しなくても陽性と診断できるようにするとのことです。
    医療機関においては検査キットが不足していますが、現状ではamazon楽天において検査キットの在庫があることが確認されています。
    イギリスにおいては感染者1日10万人でもコロナ前と同等になるような規制を撤廃するとのことです。日本でも3回目の接種が6割が接種完了できれば、規制が緩和されることが見込まれ、早くて4月になるとのことです。
  • 1月27日全国で75062人、東京都で16538人、大阪府で9711人、北海道で2856人、愛知県で5160人、広島県で1502人、福岡県で3955人、沖縄県で1100人の新規感染者がいらっしゃいます。
    東京都においては都内の新規感染者が来週2月3日には24073人程度になることが試算されました。
    抗ウイルス薬が東京大学によってオミクロン株にも有効であることがわかりました。
    別系統のオミクロン株、ステルスオミクロン株 BA.2 が 従来種のオミクロン株 BA.1と比べて18%感染しやすいことが判明しています。神奈川県においては抗原検査キットで陽性であることが判明したら、自ら届けでることで自主療養に入ることもできるようになります。ただし抗原検査キットが売り切れである薬局が多くあるように見られます。
    大阪府において受診せずにみなし陽性が認められるようになると考えられます。
  • 1月26日 全国で71523人(最多)、東京都で14086人(最多、病床使用率42.8%)、大阪府で9813人(最多)、兵庫県で4303人(最多)、北海道で2019人(最多)、愛知県で4663人(最多)、広島県で1252人以上、福岡県で3619人(最多)、沖縄県で1256人(うち米軍15人)の新規感染者がいらっしゃいます。
    東京都の新規感染者として、以前は感染から2週間前の数字が反映していたのが、現在では感染から1週間前が目安となっています。オミクロン株の発症の短ささや、PCR検査に要する時間の短縮によってはやくなっています。
    この状態では東京都では2月下旬に1日20万人いくとも言われ、最低でも1日2万人の感染者が発生することが見込まれています。
    オミクロン株は早く広がりやすいですが、収束につきましては緩やかになっています。
  • 1月25日全国で62612人、東京都で12813人(病床使用率39.8%)、北海道で1536人、大阪府で8612人、兵庫県で3360人、京都府で1622人、愛知県で4120人、広島県で1099人、福岡県で3389人、沖縄県で1175人の新規感染者がいらっしゃいます。
    オミクロン株(BA.1)が更に変異を重ねたステルスオミクロン株(BA.2)が流行り、どちらかであることがあるかはPCR検査では判別できないものです。現在のオミクロン株と比べて2倍の感染力があります。既に日本を含めた40か国以上で確認されており、国内の空港免疫の10.8%がステルスオミクロン株とされています。一部の国では完全に置き換わりつつあり、第6波が長引いたり、第7波が来る可能性があります。
    ファイザー社はオミクロン株に特化した新型コロナウイルスワクチンの治験を行っています。
  • 1月24日 全国で44640人、東京都で8503人(病床使用率36.7%)、大阪府で4803人(病床使用率51.4%)、北海道で1589人、愛知県で2492人(病床使用率30.9%)、広島県で1056人、福岡県で2013人、沖縄県で611人(病床使用率37.6%)の新規感染者がいらっしゃいます。
    このままでは東京都内の濃厚接触者が140万人に達するといわれています。
  • 1月23日全国で44259人、東京都で9468人、神奈川県で3794人、千葉県で2382人、埼玉県で1325人、茨城県で693人、群馬県で627人、栃木県で498人、長野県で502人、北海道で1591人、大阪府で6219人、兵庫県で2686人、京都府で1497人、愛知県で3050人、広島県で1476人、福岡県で2646人、沖縄県で956人(米軍:187人)の新規感染者がいらっしゃいます。
  • 1月22日東京都で11227人(病床使用率34.3%)、北海道で1605人、大阪府で7375人(病床使用率44.4%)、兵庫県で2727人、京都府で1533人、奈良県で499人、滋賀県で701人、愛知県で3457人、広島県で1233人、沖縄県で1313人の新規感染者がいらっしゃいます。
    民間救急への依頼が殺到しています。
    また、オミクロン株の特徴として、無症状や軽いせきだけの方が比較的多くなっています。
    ニュージーランドの首相は今年夏に予定されていた結婚式をオミクロン株感染拡大並びに規制強化に伴い中止をしました。
  • 1月21日 第2報全国で49722人(最多)、東京都で9699人(最多、病床使用率31.5%)、大阪府で約6254人(最多、病床使用率40.5%)、兵庫県で2944人(最多)、京都府で1467人(最多)、和歌山県で275人(最多)、愛知県で4089人(最多)、岐阜県で577人、三重県で325人、北海道で1644人(最多)、広島県で1532人(即応病棟使用率47.7%)、福岡県で2668人(最多)、沖縄県で1236人(米軍 20日317人、21日211人、病床使用率60.2%)の感染者がいらっしゃいます。
    かつてない速度で感染拡大していることから、医療ひっ迫をしないようにするために基礎疾患のない若者を検査せず直接医療機関にかかり診断することが検討されているものの、疑問視もされています。が、検査実施せずの表現が削除されました。
  • 1月21日 第1報 2月下旬に1日に10万人~36万人の感染者が発生する可能性があるとあると告知いたしましたが、その根拠としては下記のとおりです。
    ・イギリスではデルタ株の1日あたりの最大感染者が53,969人であり、オミクロン株の1日あたりの最大感染者が218,320人でそれはデルタ株の4.04倍となる。
    ・スイスではデルタ株の1日あたりの最大感染者が31,824人であり、オミクロン株の1日あたりの最大感染者が157,839人でそれはデルタ株の4.96倍となる。
    ・まだピークが確定していないものの、フランスではデルタ株の1日あたりの最大感染者が30,757人であり、オミクロン株の1日あたりの最大感染者が428,429人でそれはデルタ株の13.93倍となる。
    ・日本のデルタ株の1日あたりの最大感染人数 25990人を単純計算して1日あたり103,960人(4倍)~363,860人(14倍)になる
    ということとなります。

    あわせて10歳未満、10代、65歳以上の感染者が増加しています。
  • 1月20日全国で46010人(最多)、 東京都で8638人(最多、病床使用率28.9%)、北海道1437人(最多)、大阪府で5993人(病床使用率35.8%)、兵庫県2483人、京都府1302人(最多)、滋賀県462人(最多)、奈良県504人(最多)、愛知県3074人(最多、病床使用率19.5%)、岐阜県491人(最多)、三重県364人(最多)、広島県1569人(最多、即応病床使用率50.5%)、福岡県2227人(最多)、沖縄県で1309人(別途米軍126人、病床使用率57.1%)の新規感染者がいらっしゃいます。
    新型コロナのPCR検査を県内の医療ひっ迫において県外に依頼したところ、大阪府の医療機関に依頼した分の沖縄県の約900人が先月29日分から誤って大阪府に計上されたとのことです。
    オミクロン株は海外、特に南アフリカやスペインでは感染者が約1/10程度に減少し、ピークを過ぎていると考えられています。
    日本のオミクロン株の感染者はデルタ株の最大感染者数25990人と比べ、海外の先進国の実績によりデルタ株と比較して4~14倍の感染者数が認められることから、2月下旬に1日に10万人~36万人の感染者が発生する可能性があると考えられます。
    東京都の感染者は1週間後に1日あたり18266人行くとも分析されています。
    東京都の10歳未満の感染者は781人とされ、子供の感染者が増えています。
    国内の新型コロナウイルスの総感染者が再陽性を含み200万人を超えました。
  • 1月19日 全国で41377人、東京都で7377人(最多、重症者10名、死者2名、病床使用率25.9%)、北海道1170人(最多)、大阪府で6101人以上(最多)、兵庫県2514人(最多)、京都府1202人(最多)、愛知県2881人(最多)、岐阜県461人(最多)、和歌山県で270人(最多)、広島県1042人、福岡県2008人(最多)、沖縄県で1433人の新規感染者がいらっしゃいます。
    WHOのテドロフ事務局長がオミクロン株が重症化しにくいということについて非難を上げており、世界中でより感染者が更に多数発生することにより死者が更に増えることを危惧しています。
  • 1月18日 全国で32196人、東京都で5185人(約5倍、病床使用率23.4%)、大阪府で5396人以上(過去最多、病床使用率28.9%)、兵庫県で1645人(過去最多)、京都府で1024人(過去最多)、愛知県で2145人(過去2番目)、滋賀県で403人(過去最多)、福岡県で1338人(過去最多)、沖縄県で1443人(別途米軍12人、病床使用率57.8%)の新規感染者がいらっしゃいます。
  • 1月17日 全国で18497人、東京都で3719人 (重症者5名、先週より4.4倍、病床使用率19.3%)、大阪府で2549人(重症者11名、病床使用率28.9%)、愛知県で1153人、沖縄県で530人の感染者がいらっしゃいます。
    最終集計であれば全国の感染者は連日25000人を超えています。
    東京、千葉、神奈川、埼玉、三重、岐阜、新潟、長崎、宮崎、熊本はまん延防止措置の適用になる見通しです。
    大阪府においては病床使用率が35%に達した場合、まん延防止等重点処置の適用を要請する考えでいます。
    東京の自衛隊大規模接種センターが同じ場所で1月31日に再開することを最終調整しており、モデルナ製のみとなります。予約は28日から開始となります。
    オミクロン株の初期症状はのどの痛みが最も多い症状となり、味覚、臭覚の異常はあまり認められなくなりました。
  • 1月16日 全国で21056人、東京都で4172人(病床使用率17.9%)、神奈川県で1751人、大阪府で3760人(病床使用率27.1%)、兵庫県で1343人、愛知県で1141人(病床使用率16.2%)、広島県で1280人、山口県で200人、沖縄県で1226人(別途米軍269人)の新規感染者がいらっしゃいます。
  • 1月15日 全国で22433人、東京都で4561人(病床使用率16.6%)、大阪府で3692人、愛知県で1480人、広島県で1212人、沖縄県で1829人(うち20代444人、10代321人、別途米軍282人)の新規感染者がいらっしゃいます。
    東京都においては1日あたり病床使用率が1%以上増えているのもとみられており、病床使用率20%超でまん延防止措置法の宣言、50%超えで緊急事態宣言を発令に近づいています。
  • 1月14日 全国で21890人、東京都で4051人(先週は922人、約4.4倍、重傷者3名、死者1名、病床使用率15.1%)、神奈川県で1155人、大阪府で2826人(重傷者7名、死者2名)、京都府で671人、兵庫県で929人、愛知県で1317人(病床使用率13.1%)、沖縄県で1596人(別途米軍480人、病床使用率49.8%、重傷者用44.2%)の新規感染者がいらっしゃいます。
    沖縄県内では感染や休職している医療従事者は989人いらっしゃいます。
    濃厚接触者の待期期間は医療従事者や警察官等のエッセンシャルワーカーは6日間、それ以外は10日間と短縮されます。
    インターネットリサーチにより、政府や自治体から特に行動制限を受けていないにも関わらず12月以前よりも自主的に行動制限されている兆候が多くみられます。
    オミクロン株は症状が軽いと言われていますが、中等症以上の方の医療提供体制の課題があります。
    塩野義製薬によれば複数のコロナ治療薬がデルタ株やオミクロン株にも有効と発表されました。
    東京都において宿泊療養者に配られる食事が簡易なお弁当であったものの、週1回程度駅弁が配られることとなりました。
  • 1月13日 全国で18643人、東京都で3124人(先週の5倍)、大阪府で2452人(先週の5倍)、愛知県で1036人、沖縄県で1817人(別途米軍560人)の新規感染者がいらっしゃいます。
    小池都知事は東京都の病床使用率20%超でまん延防止措置法の宣言、50%超えで緊急事態宣言を発令する意向が示され、現在の東京都の病床使用率は昨日時点で13.7%となっています。
    5~11歳のお子様の方にも3月には接種開始できるよう調整中です。
    WHOによればワクチン未接種者にとってはオミクロン株は危険とされています。
    アメリカのオミクロン株の感染拡大で医療システムが完全に確立できず、感染者・死者が前の週の約1.5倍となっています。
    他にもアメリカでオミクロン株の感染拡大による人手不足が発生しており、ニューヨークの地下鉄も一部で年末から運休が続いています。
    濃厚接触者の待期期間がオミクロン株の特性にあわせて14日から10日と短縮できる見込みです。なお、デルタ株等の発症までの潜伏期間は5~6日程度、オミクロン株は3日程度となります。
  • 1月12日 全国で13055人、東京都で2198人(先週より5倍以上、病床使用率12.4%)、大阪府で1711人(先週より7倍以上)、愛知県で723人(再陽性17人)、沖縄県で1664人(別途米軍295人)の新規感染者がいらっしゃいます。
    インターネットリサーチで一般消費者に伺ったところ、今回の感染拡大につきましてはどうしようもない、今まで通りの感染対策を行うとの回答が比較的多めに感じられます。
    現在沖縄県においては医療従事者の休職が500人を超えています。
    オミクロン株の潜伏期間は3日間程度であることから、14日間の待期期間を短縮する検討がされています。
  • 1月11日 全国で6239人、東京都で962人(先週より6倍以上)、大阪府で613人(先週の4倍以上、沖縄県で775人(別途米軍386人)の新規感染者がいらっしゃいます。
    田村前厚労相によれば1日に国内の全国の新型コロナウイルスの感染者が10万人に達するかもしれないと言われ、オミクロン株が重症化しにくいのかわからないとの見解もあります。
    新たに地中海東部にあるキプロスにて、デルタ株とオミクロン株を組み合わせたデルタクロン株が発生した疑いあり、25例の感染例があります。重傷者から見つかったものであり、今後動向がわからない状態となっています。
  • 1月10日 全国で6269人、東京都で871人(先週よりおよそ8倍)、大阪府で499人、沖縄県で779人(うち米軍391人)の新規感染者がいらっしゃいます。
    在日米軍の不要不急の外出制限が開始となりました。
    ある東京都のクリニックにおいては20代のオミクロン株の感染者が8割に占めているとのことです。
  • 1月10日 全国で6269人、東京都で871人(先週よりおよそ8倍)、大阪府で499人、沖縄県で779人(うち米軍391人)の新規感染者がいらっしゃいます。
    在日米軍の不要不急の外出制限が開始となりました。
    ある東京都のクリニックにおいては20代のオミクロン株の感染者が8割に占めているとのことです。
  • 1月9日 全国で8078人、東京都で1233人、大阪府に880人、沖縄県で1533人(うち米軍関係者は429人)の感染者がいらっしゃいます。
    アメリカでいわゆるフルロナの感染事例が相次いで報告されています。フルロナはイン「フル」エンザと、コ「ロナ」に同時感染する症状で、今までコロナワクチンがなかったために警戒していたのが緩んだり、厳しいロックダウンが解除され経済活動が再開したことにより、インフルエンザの感染拡大も少しながら起きていると考えられます。
  • 1月8日 全国で8069人、東京都は1224人(重傷者数4人)、大阪府は891人、広島県547人、山口県154人、沖縄県は1759人(重傷者数17人)の新規感染者がいらっしゃいます。
    なお、オミクロン株は既存のワクチンでも抑制することができますが、3回目の接種をするとよりよく抑制することが可能です。オミクロン株による致死率が低いため、あわてずに落ち着いて行動することを検討してみてください。
  • 1月7日 全国で6074人、沖縄県で過去最大の1414人、東京都で922人、神奈川県で251名、大阪府で676人の新規感染者がいらっしゃいます。なお、東京都においては先週金曜日においては78人でした。
    オミクロン株は入院リスクは低いものの、軽い病気と考えるべきではないとされています。
    沖縄県、山口県、広島県はまんえん防止処置となり、あさってから31日までとなります。在日米軍の感染者は1月6日の時点で1784人となります。

    東京都においては飲食店への入店は原則4人以下のグループに制限され、全員の接種証明、陰性証明があれば従来どおり制限なしとなります。
  • 1月6日 東京都において641人、沖縄県において981人いらっしゃいます。全国の感染者は4000人以上いらっしゃいます。このところ陽性率があがっていて、ほとんどがオミクロン株に感染しているとのことです。
  • 2022年1月5日 東京都において390人、大阪府において244人、沖縄県において623人いらっしゃいます。全国の感染者は2000人以上いらっしゃいます。第6波が来ていると考えられます。
  • 2021年以前の内容はこちらより

その他、以下もご確認下さいませ

も参考にしてみて下さい。

[冷えたレトルトカレーのFAQに戻る]

【当社調査】楽天カードは還元率1%以上のハンパない還元があり、満足率98%!
このリンクから申し込めばもれなくプラスで1000ポイントプレゼント

日本最大級の豊富な種類のレトルトカレー - 楽天市場